Skip Menu
Top_menu
sub_content
Banner


sub_content

宝城郡の紹介

宝城郡の歴史

Photo: Antique maps of Boseong County

History of Boseong County
時 代 内 容
三国時代
  • 馬韓地域に属したが、百済の近肖古(クンチョゴ)王の時代に百済に併合され、郡の名称を伏忽(ボクホル)とした。
統一新羅時代
  • 景徳(キョンドク)王16年(757年)、郡県の名称がすべて中国式に改訂され、初めて「宝城郡」と呼ばれる。
高麗時代
  • 成宗(ソンジョン)14年(995年)、節度使制度の導入と同時に貝州(ペジュ)と改称され、この時別号として山陽(サニャン)と呼ばれた。
  • 顕宗(ヒョンジョン)9年(1018年)に行政制度が改編され、再び宝城郡に直して呼ばれるようになり、知事郡として7つの属県を置く大きな郡となった。
朝鮮時代
  • 太祖(テジョ)4年(1395年)、度重なる倭冦の侵入により、興陽(フンヤン)県の治所を宝城郡の属県である兆陽(チョヤン)県(現在の鳥城面)に移し、兆陽が一時的に高興に属した。
  • 太祖(テジョ)9年(1409年)、本郡に属していた南陽(ナミャン)、泰江(テガン)、ドファ、プンアンの4県が興陽の管轄に入り、兆陽県は本郡に還属した。
  • 世宗(セジョン)12年(1430年)、一時長興都護府の管轄に入ったがしばらくして順天都護府に属することとなり、さらに高宗(コジョン)32年(1895年)には羅州府管轄となった後、1896年8月に光州府管轄となった。
  • 純宗(スンジョン)2年(1908年)10月15日、楽安郡が廃止され、楽安郡の11の面のうちナムサ、ナムサン、コサン、コハの4つの面がコサン面と南面に合併して本郡に編入された。
植民地時代
  • 1914年、日帝による大規模な行政区域の改編が行われ、
    • 長興郡の長東面(チャンドンミョン)マホル、ユルリの一部とブピョン面クムドン里の一部、
    • 順天郡・ドンサン面のセゴク里の一部、ドンハ面の鳳林里(ボンニムリ)の一部、
    • 高興郡・大西面(デソミョン)のナムダン里の一部と東面(ドンミョン)の下松里(ハソンリ)の一部が本郡に編入された。
    • 本郡の龍門面(ヨンムンミョン)とオグァン面を合わせて宝城面に、
    • 兼於面(ギョムオミョン)と白也面(ぺギャミョン)を合わせて兼白面(ギョムベクミョン)に、
    • 文田面(ムンジョンミョン)と鳳徳面(ボンドクミョン)を合わせて文徳面(ムンドクミョン)に、
    • 道村面(ドチョンミョン)と松谷面(ソンゴクミョン)合わせて得粮面(トンニャンクミョン)に、
    • チョネ面とデゴク面を合わせて鳥城面(チョソンミョン)と改編した。
    • 長興郡のフェリョン面とチョンポ面を編入して会泉面(フェチョンミョン)と改編し、
    • 熊峙面(ウンチミョン)を本郡に編入した。
  • 1915年、古上面(コサンミョン)と南面(ナムミョン)を合わせて筏橋面(ボルギョミョン)を新設し、
  • 1929年4月、順天郡・東草面(ドンチョミョン)のヨンサン、ボンリム、フェジョン、チャンヤン、ホドンの5つの里を筏橋面に編集し、
  • 1937年7月1日、筏橋面を邑に昇格させた。
  • 1941年10月15日、宝城面は邑に昇格し、宝城郡は2邑10面12里の行政区域となった。
大韓民国時代
  • 1973年7月1日、本郡文徳面ハンチョン里が昇州(スンジュ)郡・松光面(ソングァンミョン)に編入された代わりに1983年2月15日、高興郡・東江面(ドンガンミョン)獐島里(チャンドリ)とその海域が筏橋邑(ボルギョウプ)に編入された。
  • 1984年に起工し1991年に完工した住岩(チュアム)他目的ダム工事により、本郡文徳面の8つの里、福内面(ボクネミョン)の7つの里、栗於面(ユルオミョン)の2つの里の一部地域が水中に沈み、
  • 1988年2邑10面126ヶの法廷里(行政里314)と593ヶ所の自然村から構成され、
  • 2009年12月16日、宝城邑・ウサン4里がウサン4里と5里に分離され、行政里は315里となった。