Skip Menu
Top_menu
sub_content
Banner


sub_content

宝城緑茶

螳晏沁闌カ縺ョ豁エ蜿イ

Tradition creates trust and trust is transformed to value - Boseong Green Tea
Toward higher value, Boseong Green Tea will continue to make history based on tradition and trust

宝城緑茶の歴史的立証資料(文献)
  • 伏忽郡が馬韓から百済に統合(近肖古王(369年頃))される中、初めてお茶を利用するようになったという説があると記録されている。(宝城郡誌)
  • 宝城郡文徳面大原寺の茶畑(百済東城王(西暦494年)のときに建設(古木が現存)
  • 高麗中葉から朝鮮初期に運営された熊岾茶所(熊峙地域に位置)
  • 山陽誌(崇禎紀元後再辛酉:1741年2月刊行)にお茶が特産品として記録
    - 1478年以前からお茶が生産される(茶、カヤの実、カラムシ、カンエンガヤツリなど)
  • 『世宗実録地理志』土貢の条
    - 34ヶ所の産地(慶尚道6ヶ所、全羅道28ヶ所(宝城郡含む)
  • 東国輿地勝覧(1478年)宝城郡編(40巻、705面)特産品(茶、麻、ワタ、カラムシ、稲、麦、豆)
    - 茶道学第4編韓国茶道の歴史第2章茶の産地、キム・ミョンベ、学問社
  • 「茶郷宝城」の塔に刻まれた碑文
    - 数百年前からお茶を生産して王室に進上するとともに、税金の代わりにお茶を現物で納める。
  • 1960年から拡大栽培:宝城郡史(1995年発行)
    - 茶文化の中興と宝城(第5章)
1930年代
  • 1939年
    : 全国で最初に大規模な茶園を造成 - 30ha(キョンソン化学株式会社)
    : 造成契機 - 表土が深くて排水が良く、小石を含んだ良質の土壌、海洋性と大陸性の気候帯が出会う地点にあり、霧による自然遮光現象で最適な緑茶の香りと味が発現される地域条件が、歴史的・地理的・気候的に大規模な群落地形成の直接的な原因になった。
    日本の技術陣によって最適な茶栽培地であると判明
1940年代
  • 1943年
    : 茶園を造成 - 30h
1950年代
  • 1957年
    : 大韓茶業株式会社を買収・経営(チャン・ヨンソプ)
1960年代
  • 1965年
    :大韓茶業50ha、夢中山(東洋)茶園30ha
  • 1969年
    : 農漁村特別所得事業(農特事業)として開墾費と植栽費を補助
1970年代
  • 後半からお茶(紅茶)の需要減少と凍害によって茶園の閉園が発生し、残存面積が241haに減少
  • 1973年
    : 農特事業として590haまで拡大(宝城は全国800haのうち74%を占める)
  • 1975年
    : 大韓茶業が茶製造許可を取得
1980年代
  • 1982年
    : 雀舌園(ソ・チャンシク-茶人会結成)
  • 1985年
    : 第1回宝城茶香祭スタート(茶農会結成) /li>
1990年代
  • 1990年
    : 生産農民たちがお茶を製造
  • 1996年
    : 宝城郡の特殊施策事業として「全郡民的な茶畑造成10カ年計画」を樹立
2000年代
  • 2004年
    : 263農家95ha(事業費283百万ウォン)を推進、栽培面積は537農家646.3ha
  • 2007年
    : 1,363農家が1.148.7haの緑茶を栽培