Skip Menu
Top_menu
sub_content
Banner


sub_content

Travelers

  • 1경
  • 2경
  • 3경
  • 4경
  • 5경
  • 6경
  • 7경
  • 8경
  • 9경

8경

第8景 飛鳳恐竜卵化石地
  • 天然記念物第418号
  • 場 所 : 宝城郡得粮面飛鳳里545-1
  • 主な施設 : 恐竜生態館、恐竜テーマ公園など

image

  • 宝城郡飛鳳里の恐竜卵化石産出地は、中生代白亜紀の堆積層から多くの恐竜卵やその巣の化石が発見された所で、飛鳳里のソンソ海岸に約3㎞にわたって位置している。海岸の岩盤には、10ヶ所あまりの恐竜の巣や100以上の恐竜卵の化石が観察されている。もっとも大きい恐竜の巣の直径は1.5mであり、恐竜卵化石の大きさは9∼15㎝、恐竜卵の殻の厚さは1.5㎜∼2.5㎜である。恐竜卵の内部からは恐竜の胎児やその骨格構造が見つからず、たまごが孵化してから化石になったものと推定されている。宝城 飛鳳里の恐竜卵化石産出地は、恐竜の生息根拠地であっとことの証拠であるだけではなく、どんな恐竜がどのように生活していたかを研究する上で重要な資料となり、また、ほかの恐竜卵化石およびその他の古生物の資料が埋まっている可能性があり、天然記念物に指定して保護している。
  • 17ヶ所の1.6mに達する恐竜の巣や150以上の恐竜卵の骨などが見つかり、世界一の恐竜集団化石地として認められ、ギネスブックに記録されている。