Skip Menu
Top_menu
sub_content
Banner


sub_content

特産品

  • 宝城緑茶
  • 特産物
  • 熊峙早稲米
  • ワケネギ
  • ジャガイモ
  • 宝城緑豚
  • 筏橋ハイガイ
  • コノシロ
  • 薑荷酒
  • 宝城ヘンプ
  • 彌力甕器
  • 澄光 鍮器

宝城緑茶

大自然の贈り物

韓国の緑茶栽培において最適地である宝城は全国お茶生産量の37%を占めており、宝城緑茶の優れた品質と名声を保証するために農産物品質管理法に基づいて「地理的表示全国1号」として登録されている。緑茶はビタミンCが多く、疲労回復や心臓病及び血圧の抑制、そして老化を防止する効果もある。さらにストレスなどのあらゆる成人病の予防や女性のお肌にも役に立つ。

宝城绿茶

地理的表示とは?

特定地域で生産される加工品の名声や品質、特徴が当該地域の地理的な特性によるものである場合、政府(農林部)がその品質を保証し、国際産業財産権の保護に関する表示協約に基づいて原産地名称として保護してくれる制度である。

栽培環境

宝城は年平均気温が13℃、降水量は1,400mmと茶樹生育において最適の条件を持っている。そして海洋性気候と大陸性気候の接点に位置しており、霧による自然射光効果もあって、お茶の栽培においては恵まれた環境を持っている全国最大の産地である。 宝城緑茶は消費者のニーズに合わせて、環境にやさしい方法で栽培している。また独特の味や香りを持っており、しかも世界的にも優秀な技術として評価されているジェダ技術を採用している。宝城緑茶は宝城郡の特産品として韓国地理的表示制第1号に登録され、生産・加工されている。

特徴

宝城緑茶は海と山に囲まれた理想的な自然環境と清らかな水が流れる地下岩盤の上に形成された健康な土壌で栽培された特産品である。

栽培現状
  • 栽培農家数 : 1,363農家
  • 栽培面積 : 1,148.7ha(全国お茶栽培面積の37.7%)
  • 年間生産量 : 7,052トン(乾葉基準1,410トン)
  • 販売期間 : 通年
  • 主産団地 : 宝城邑、会泉面、彌力面、得粮面
  • 規格及び価格 : 100g基準
  • (加工メーカーごとに販売価格などは多少違う可能性がある。)
  • 雨前: 70,000 ~130,000ウォン
  • 穀雨: 50,000ウォン
  • 細雀: 30,000ウォン