Skip Menu
Top_menu
sub_content
Banner


sub_content

特産品

  • 宝城緑茶
  • 特産物
  • 熊峙早稲米
  • ワケネギ
  • ジャガイモ
  • 宝城緑豚
  • 筏橋ハイガイ
  • コノシロ
  • 薑荷酒
  • 宝城ヘンプ
  • 彌力甕器
  • 澄光 鍮器

宝城緑豚

緑茶を食べさせて飼育した最高級の宝城緑豚!
韓国の南海に位置して、海と山、湖に囲まれた美しい地域である宝城で暖かい海風と日差しを浴びながら育った緑茶を加工、飼料と混ぜて作った専用飼料を食べさせた豚を「宝城緑豚」と言う。

宝城緑豚

宝城緑豚は緑茶の葉っぱと堅炭の効果を利用して、臭みを取り除き、低脂肪・低コレステロールの豚肉を開発、韓国食品開発研究院から高い評価を受けた最高級ブランドである。

緑茶を食べて育った最高級ブランド、宝城緑豚とは?

緑茶成分が豚肉の臭みを取り除く!
-緑茶の香りがする宝城緑豚は低コレステロール豚肉として、緑茶のカテキン、プロノイドなどの成分が体に有害な物質を取り除いてくれる。このような作用によって飼育段階から脂肪質成分が体外に排出された豚肉は豚肉特有の臭みが無くなり、適当な保水力と肉質、軟度を維持することになる。特に脂肪層がもちもちして肉層も柔らかくなり、高品質の豚肉を味わうことができる。

高品質緑豚の飼育・生産
  • 体重65kg(生後100日齢)の豚に緑茶を混ぜた飼料を60日間与えて体重が110kgになるとHACCPが認証する畜産物作業場に出荷して屠畜し、またHACCPが認証する畜産物加工工場で部位別に加工ㆍ包装した後、緑豚流通センターを通じて卸売り店と小売店に供給する。
  • 宝城緑豚は緑茶を混ぜた飼料を使って脂肪質を減らし食感を改善しており、体に悪い成分を取り除くことで、安全な畜産物として衛生的で育ちやすい環境で生産している。
  • 宝城緑豚は機能性豚肉ブランドとして韓国畜産物ブランド展示会に2000年から毎年出場、消費者から強い支持を受けており、韓国食品開発研究院の研究資料(1997年9月)に基づい宝城緑茶と飼料の配合率を決めて、コレステロールを抑えた高品質の豚肉を生産している。
  • 宝城Green Tea Porkは2003年8月に商標法によって特許庁に登録(塔力番号 05515 48号)された豚肉ブランドである。