Skip Menu
Top_menu
sub_content
Banner


sub_content

生活情報

入国手続き

外国人入国審査
  • 外国人入国審査は、出入国管理行政の特徴である外国人入国許可の可否に対する国家固有の主権行使である。
  • 外国人入国審査の際、国家利益保護に最優先を置いており、偽・変造パスポート所持者など不法入国企画者と入国禁止者の入国を阻止する。
  • パスポートの偽・変造、入国目的の不明、招請者の不明など不法な方法で韓国で入国を試みる外国人に対する入国を拒否することができる。
外国人の入国要件
  • 有効なパスポートなど(船員の場合にはパスポートおよび船員身分証明書)
    • 有効期間が満了した与党の場合、入国できない。
  • 有効な査証
    • 査証の発券有効期間内に入国しなければならず、発給を受けた査証と訪問目的が一致しない場合、入国が拒否されることがある。
  • 入国禁止事由に該当してはならない。
    • 国際テロ分子、過去の韓国不法滞留者などの理由で入国禁止されている場合は入国できない。